行事

盂蘭盆会(うらぼんえ)

7月15日に近い日曜日

先祖の霊を迎えて祭る祖霊祭りです。お盆の行事の中心の日は十五日ですが、お盆の始まりは一日であったり七日であったり、最近では十三日になったりしてい ます。 それぞれ色々な教えや考え方が反映されています。七日盆という言葉もあり、七日からお盆の行事が始まる地方も多くあります。昔は祖霊祭りの前七日 間は祖霊を迎えるために厳重な物忌みをしなければなりませんでした。七日は七夕の星祭りというよりも、お盆行事の中でけがれや災厄をはらう禊の日であった ようです。
ご家庭では、精霊棚を飾り、瓜、ナス、麺、饅頭、餅を供え、ご先祖様や普段供養を受けていないであろう無縁さまの供養を行います。

 
焼香
  
盂蘭盆会法話

彼岸会(ひがんえ)

春分の日 ・ 秋分の日

彼岸(ひがん)とは、煩悩を脱した悟りの境地のことで、煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸」(しがん)と言うのに対して、向う側の岸「彼岸」という。「彼岸会(ひがんえ)」は、春分・秋分を中日とし前後各3日を合わせた7日間のこと。春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりであるとされます。
暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」なお、地方によっては最後の日を「はしりくち」という地方もある。俗に、中日に先祖に感謝 し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅密(ろくはらみつ)を1日に1つずつ修めるためとされている。六波羅密とは 布施波羅密 (相手の気持ちになって、心や物を施す)・持戒波羅密(約束や規則をまもる)・忍辱波羅密(腹を立てない)・精進波羅密(やるべきことを一生懸命行 う。)・禅定波羅密(心を落ち着ける)・知慧波羅密(獲得した智慧をはたらかせる)をいい、人生をより良く生きための教えです。 御先祖様の供養をするとき、自分に頂戴した命の尊さを思い、尊い命に見合う生き方とはどんな生き方なのかを考えてみましょう。

 
お釈迦様

大施餓鬼会(だいせがきえ)

毎年 5月15日

六道(天上・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄)の餓鬼道にあって苦しむ一切の亡者に食べ物を施して供養し、そのことによって積むことが出来た功徳を、ご先 祖様、先に亡くなられた仏様に回らし向ける(回向する)という法要です。餓鬼道に落ちて苦しんでいる亡者が口にしようとするものは忽ち炎と化し、何一つ食べることが出来ず飢えの苦しみにある。この飢えの苦しみには限界がなく、自分の力ではこの苦しみから脱することが出来ないと言われてる。「生前に嫉妬深かったり、物惜しみやむさぼる行為が甚だしかっ た者が赴く場所である」とされています。施餓鬼供養とは慈悲の実践ともいえるでしょう。20名以上の教区や縁のある寺院の僧侶に随喜していただき行われる一大法要です。

大施餓鬼会法要

坐禅会(予約制)

圓通寺の坐禅会に参加される方は事前にお申し込みをお願いします。当日は、必ず15分前までにおいで下さい。15分前より、圓通寺での坐禅会の作法などの説明を致します。
時間厳守でお願いします。皆様の迷惑となりますので遅刻しての参加はできません。
また、発熱、咳の出る方の参加はお断りします。

日時  令和6年 5月 25日土曜日 
      6月15日土曜日、29日土曜日 
 集合時間 15時45分頃までにお願いします。
  止 静(坐禅開始) 16時
  放 禅(坐禅終了) 17時頃
 会費   500円以上
定員  15名 
予約 毎回、必ずメールにて予約をお願いします。メールには住所・氏名・連絡先を記入してください。
こちらからの返信(Gmail)を受けられるアドレスでお願いします。
お断りする場合もございますので必ず連絡先(電話・メールアドレス)をお願いします。
電話 03-3622-7045
メール こちらのメールフォームよりご連絡ください。
服装 自由
足を組みやすければどのような服装でも結構ですが、靴下を脱いで行います。
女性は短いスカート、ストッキングは不適です。
 
 
坐禅
  
坐禅
  
坐禅